引越しをして、新しくインターネット接続を考えた場合、何種類か候補があります。それぞれのメリット、デメリットを考慮して、自分に合った最適なインターネット接続を探してみてください。

 まず、インターネットを契約するには回線選びです。インターネット回線を決めてからプロバイダ選びになります。フレッツ光やADSLなどの固定回線は、回線+プロバイダの契約が必要ですが、WiMAXやY!mobile(旧イーモバイル)などのモバイル回線は、プロバイダ代込みの一括料金になります。
 住んでる場所やインターネット利用量、各個人で条件が違ってきますので、安いインターネットはコレだというのは、人それぞれ違ってきます。簡単に言ってしまえば、通信速度制限が厳しく、低速なほど安くなります。

お薦めアイコン期間限定キャンペーン実施中!【Yahoo! BB ADSL】

インターネット回線を決めるには、大きく分けてマンション(アパート)にインターネット用の固定回線を引くか、引かないかで分かれます。光回線やADSLは、回線工事が必要になりますので、契約、引越し後に工事(検査)の手続きが必要になります。

フレッツ光を契約する場合は、マンションが光対応物件である必要がありますので、そうでない場合は選択肢から外れます。マンションを光に対応してもらうためには、大家さんや管理会社に相談する流れになりますので、スムーズに開通できるとは限りません。

逆に光対応マンションの場合、設備上、ADSL回線が引けませんと断られる場合も多くあります。こうなると光回線で契約するしかありません。また、最近の単身マンション、アパートでは、固定電話回線自体が開通していない場合がありますので、この場合は、ADSLの工事以外に、固定電話線を引き込む工事も必要になります。

インターネットの工事というと大げさに聞こえますが、光回線ならフレッツ光対応マンション、ADSLなら固定電話の回線が設置されていれば、開通試験をする程度の簡単なものです。立会が必要になる場合もありますが、壁に穴開けて回線を通したりするものではありませんので、大げさに考える必要はありません。

また、開通手続自体難しいものではありませんが、仲介業者や不動産などが開通申し込みを代理で全てやってくれる場合がありますが、キャッシュバックなどが受け取れなくなる可能性がありますので、ご自身でやられた方が良いと思います。

WiMAXやY!mobile(旧イーモバイル)に代表されるようなモバイル通信系(ポケットWifi、モバイルルーター)は、回線工事の必要がなく、契約後、すぐに使えるメリットがある反面、エリアや通信速度、速度制限の問題があります。モバイル通信の問題は、携帯電話のパケット通信の問題と同じと考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

安く利用するならテザリングや格安SIMなどもありますが、速度制限の厳しいこれらのサービスは、あくまでもライトユーザー向けサービスです。外出時に補助的に利用する分には有効ですが、メインで、しかもPC接続で利用するのには非常に厳しい物があります。

※当サイトは、一人暮らしをする方を対象に記事を書いていますが、一軒家にお住まいの方、固定電話の契約をしている方は、安くインターネット環境を構築するならADSLです。これには価格で勝てません。

注目 SoftBankスマホ/タブレット契約者のみ使える格安おうちインターネット

フレッツ光(光コラボレーション)
光対応済みのマンションで初期工事が必要ですが、簡単な工事で終了します。マンション規模が大きいほど、料金が割安になります。安定性と速度重視なら断然光です。最近、料金の値下げがあり、さらに使いやすくなりました。今なら光コラボレーションが安くなります。

ADSL
8M~12Mbpsの速度なら割安ですが、高速50Mbpsクラスを契約すると割高に感じる事もあります。電波(エリア)に依存せず、割安な無制限通信を好まれる方にはメリットがあります。特に、固定電話の契約をしてる方は、安い追加料金で、ADSL環境が構築できます。(固定電話がなくても契約できます)

SoftBank Air
工事不要、電源(ACアダプタ)をいれるだけで利用できるWi-Fi接続の家用インターネットです。工事不要、超高速、通信容量無制限が売りのサービスになります。SoftBankスマホユーザーなら、別途、割引サービス有り。

WiMAX 2+
工事不要でインターネット接続が可能です。auスマホユーザー向けの割引サービスもあります。通信容量制限が非常に緩く、価格も抑える事ができるお薦めのモバイル通信です。20日以内であれば違約金無料でキャンセルができるプロバイダもあります。

Y!mobile(旧イーモバイル)
工事不要でインターネット接続が可能です。WiMAXよりエリアが広く、格安プランも利用できます。ワイモバイルへのMNPもお薦めです。
特集:期間限定月額2,000円台のワイモバイルポケットWi-fi比較

ソフトバンク
4G通信もキャンペーン価格で月額3,696円で利用できます。SoftBankスマホユーザーなら、おうち割が使えるSoftBank AirやホワイトBBもお薦めです。

スマモバ
工事不要、ドコモ回線を使ったLTE使い放題プランです。モバイルWi-Fiルーターで、家でも外でも通信容量制限無しの使い放題になります。ドコモ回線と同じカバーエリアで、通信エリアが不安という方にもお薦めです。
※3日3GBの速度制限が追加されました。

BIGLOBE 3G
安くインターネット環境を構築したい方向けのサービスです。ドコモFOMAエリアを利用しますので、カバーエリアが広く、月額900円から利用できますが、通信容量制限がありますので、ライトユーザー向けのサービスです。

ぷららモバイルLTE
通信容量無制限の格安SIMです。通信速度3Mbpsの定額無制限になりますが、メリット、デメリットがありますので、サービス内容をご理解の上、ご利用下さい。

音声通話対応格安SIMスマホセット料金比較
【番外】音声通話付き格安SIMの登場で、スマホの通信料金を大幅にカットできるようになりましたので、インターネット料金と合わせて、通信費の節約が可能です。