" 工事 "のタグを含むエントリー記事

ADSL

フレッツ光に比べれば多少は割安ではありますが、固定回線でのネット接続は、全体的に光の流れになっていますので、新規契約でのキャンペーンは無くなってきています。

また、ADSLが安い、フレッツ光が高いというのは、昔のイメージが強いだけで、今はフレッツ光の料金も下がっていますので、速度や安定性を考慮すれば、今の時代、ADSLを積極的に選択するメリットはあまりありません。

ただ、お住まいのマンションが光対応マンションではなく、携帯の電波も入りにくい地域だと、選択肢としてADSLが上がってきます。固定電話を既にお持ちの方にも安くなりますのでお薦めです。

※光対応済みマンションでは、ADSLの開通を申し込むと断られることがあります。これは設備上ADSL回線が引けなくなっていますので、諦めるしかありません。ADSLを申し込み後、散々待たされた挙句、引けませんとなったりしますので、最初から光の選択をお薦めします。

固定(一般)電話の契約

ADSLには、2種類のタイプがあります。固定(一般)電話の契約が必要なタイプ1と固定(一般)電話の契約が不要なタイプ2です。

固定電話が必要なタイプ1は、NTT(固定電話)へ支払うNTT回線使用料と各プロバイダへのADSL利用料が必要です。

固定電話が不要なタイプ2は、ADSL利用料の中にNTT回線使用料相当の金額が上乗せされますので、特別どちらかが極端に安くなるということはありません。

ADSLは安い、月2,000円程度だというのは、既に固定電話を利用している方がADSLを開通した場合です。

そういった方は、ADSLに支払っている料金は確かに安いのですが、別途、固定電話の基本料金をNTTに支払っています。これから引っ越して、固定電話も持ってない人は、両方の負担になりますので、そこまで安いわけではありません。

固定電話不要タイプは、別途、固定電話の契約手続きなどが必要ありませんので、申し込み手続きが簡素化できるのですが、開通期間に余計に時間がかかるデメリットがあります。

※固定電話不要タイプは、固定電話の契約が不要という意味で、回線自体は開通している必要があります。(お部屋に電話線を挿すポートがあるかどうかです。)電話線自体が開通していれば、ちょっとした開通試験をする程度で工事は終了します。

開通期間と工事日

タイプ1の開通期間は、おおよそ2週間~です。タイプ2は、さらに1週間~が上乗せされます。

※現在は改善されているとは思いますが、以前はNTTと各プロバイダとの連携が悪いのか、ADSLの開通で待たされることも珍しくありませんでした。あくまで、最短でこれくらいと思っておいたほうがいいかもしれません。特にタイプ2は時間がかかることがあります。

料金と速度と基地局までの距離

ADSLは通信速度が選択できます。この通信速度が速いプランを選択するほど、料金が高くなります。

ADSL 8M~12Mbpsだと割安ですが、高速50Mbpsプランだと光と同程度の価格帯、Wimaxなどよりも高くなりますので、あまりお得度は感じられません。※速度はあくまで理論値です。

実用レベルで言えば、3~5Mbps程度が安定的に出ていれば特に困ることはありません。動画視聴も問題ないレベルです。

また、速度に一番影響するのが基地局から自宅までの距離になります。この距離が離れていると、上手く速度が出ません。高い高速ADSLを契約しても思ったほどスピードが出ないということになります。

主なプロバイダ料金比較

ADSLサービスが下火とはいえ、プロバイダは数多くあります。撤退するところも増えていますが、代表的なプロバイダで、固定電話不要タイプADSLの料金比較です。

プロバイダによっては、東日本と西日本で若干の料金差がある場合があります。以下は、東日本料金(税抜)で統一しています。

プロバイダ 12Mbps 39Mbps 50Mbps
TikiTiki 3,178円 4,118円
GMOとくとくBB 3,129円 3,602円
ASAHIネット 3,148円 3,753円
楽天ブロードバンド 3,151円 4,199円
DTI 3,154円
ソネット(ソニー系列) 3,246円 3,936円
ニフティ(富士通系列) 3,246円 3,746円 4,246円
OCN 終了
ビッグローブ(NEC系列) 3,338円 3,838円 4,318円
Yahoo!BB 5,120円 5,520円

基本の月額料金になります。これに各々キャッシュバックや割引、無料期間が付きます。

お薦めADSLプロバイダ

お薦めは【Yahoo! BB ADSL】です。12Mbpsの激安ADSLですが、中でもYahoo!BB ADSLのバリュープランは、2年契約で2年間月額料金が割り引きになるプランになります。

バリュープラン 固定電話あり 固定電話無し
東日本 西日本
初期費用 0円
月額料金 1,265円 1,272円 2,857円

工事費が別途80円×60回(総額4,800円)必要になります。

固定電話あり、無しでも激安の月額料金になります。

期間限定キャンペーン実施中!【Yahoo! BB ADSL】

※SoftBankスマホ/タブレットユーザーには、更に割引も用意されています。
詳しくは、ソフトバンクユーザーのための格安おうちインターネット

フレッツ光

光を開通するには、光対応のマンション(アパート)に住んでいる必要があります。お住まいのマンション、これから引越すマンションが光対応かどうかは、不動産会社に確認するか、フレッツ光のホームページから検索、NTT(0120-116-116)への電話問合せなどで簡単にわかります。

現在はフレッツ光対応物件でも使える光コラボレーションが主流になっています。記事後半参照

※光回線は、NTT系のフレッツ光、KDDI系のau、電力会社系の光回線などがありますが、現在マンションに導入されているのは、ほとんどがフレッツ光になっていると思いますので、以下はフレッツ光について説明しています。

開通期間と工事日

開通期間ですが、おおよそ1週間~3週間が必要です。

都会と田舎、春の引越しシーズンなど、混雑状況により変わります。引越し後、直ぐにネット接続したいと思っても、申し込み後に直ぐに開通できるものではありません。通常は、申し込み後に代理店やNTT側から確認の折り返しの電話がありますので、その時に回線工事日の調整をします。その工事日がおおよそ2週間目以降~の設定になります。

入居日と同時期にネットを開通したい場合は、新しいマンションの賃貸契約が済んだ後に、フレッツ光の申し込みを済ませ、入居日以降に工事日の設定をします。これで、入居と同時期にインターネットが利用できます。

工事というと大げさに聞こえますが、30分~1時間程度で終わる簡単なものです。一般的に、光対応マンションでは、各部屋に引きこんである光ファイバーケーブルからネット接続できるようにするもので、壁に穴開けたりするようなものではないのでご安心下さい。

プロバイダの選定

光でネット接続するには、プロバイダと光回線の契約が必要です。フレッツ光の申し込みをするのと同時にプロバイダの選択をしなくてはなりません。フレッツ光の場合は、光回線はNTTで固定ですが、このプロバイダの部分で、料金、サービス、キャッシュバックなどに違いが出てきます。

プロバイダは途中で変更することもできます。最初に申し込みする祭は、大手プロバイダで選ぶか、キャッシュバック金額の大きい所を選び、もし不満があれば途中で乗り換える事をお薦めします。

※光コラボレーションは、プロバイダと回線がワンセットになります。

フレッツ光料金(光回線)

フレッツ光のマンションタイプ料金は、均一ではありません。マンションの規模により料金が変わり、同一集合住宅で4戸以上(西日本は6戸)、8戸以上、16戸以上などで、規模が大きいほど割安な料金が設定されています。

また、光の配線方式でも料金が変わってきます。マンションタイプのどの料金体系に属するかは、フレッツ光のホームページ、NTT(0120-116-116)への電話問合せで簡単にわかりますので、申し込み前にご確認ください。

参考(フレッツ光東日本の場合)
プラン1(8戸以上):2,900円~3,250円/月
プラン2(16戸以上):2,500円~2,850円/月
ミニ(4戸以上):3,500円~3,850円/月

このマンション規模と配線方式によって、フレッツ光が割高に感じるか、割安に感じるかが変わってきますが、この部分はマンションによって決まっていますので変更できません。プラン1やプラン2ならフレッツ光でも割安な料金で利用できます。

また、上の光回線料金に加えて、プロバイダ料金が必要になります。

プロバイダ料金比較

プロバイダは、無名の所も含めれば数えきれないほど多くの会社が存在します。有名な所で比較すれば、プロバイダの料金は500円~1,200円です。この料金に光回線の料金を加算した金額が、毎月の利用料金になります。

プロバイダ プラン1 プラン2 ミニ
BB.excite 500円
GMOとくとくBB 530円
ASAHIネット 550円
DTI 680円
ぷらら 800円 600円
ビッグローブ(NEC系列)
下段は西日本料金
900円
800円
900円
850円
650円
楽天ブロードバンド 900円
ソネット(ソニー系列) 900円
Yahoo!BB 950円
OCN
(下段は西日本料金)
950円
(860円)
950円
(860円)
700円
(860円)
ニフティ(富士通系列) 950円

有名プロバイダの比較表になります。

大手プロバイダほど高額なキャッシュバックを実施している事が多く、サービスやフォローも安定していますので、初めてのフレッツ光の申し込みに最適です。

※現在、下記で説明する光コラボレーションの登場で、フレッツ光のキャッシュバック、及びキャンペーンは、一部法人向け光回線を除き消滅しています。

光コラボレーション

フレッツ光回線を利用した光回線のインターネットです。従来のフレッツ光は、プロバイダ+光回線(NTT)でしたが、プロバイダなどがNTTから光回線を借りて、独自に光接続サービスを提供しています。(スマホで言うところの格安SIMのような仕組みです)

特徴としては、インターネット利用料金はプロバイダ料コミコミの価格で、フレッツ光よりも安い傾向があります。フレッツ光が使える物件なら、光コラボレーションも利用できます。

この光コラボレーションの台頭で、本家フレッツ光のキャッシュバックが無くなっています。

また、光コラボレーションはスマホとの割り引きがセットになるプロバイダがあるのも特徴です。

SoftBankユーザー

SoftBank光キャンペーン
SoftBankのNTT回線を使ったSoftBank光です。当社限定!24,000円キャッシュバック+他社からの乗り換えなら更に24,000円追加キャッシュバック中です。

『おうち割 光セット』でSoftBankスマホ/タブレットが毎月500円~2,000円の割り引きになります。
(スマホの契約データプランによって割引額が異なります)。
SoftBank光1回線で、携帯電話回線(スマートフォン/タブレット/携帯電話)最大10回線まで割引できますので、家族でSoftBankという方には、大幅な割引が受けれます。別居でも割引適用可。

例えば、スマホの『データ定額パック 5GB』を契約している家族が4人いる場合は、1,522円×4人=6,088円の割り引きになり、SoftBank光の月額料金よりも大きな割り引きが受け取れます。

関連サイト:ソフトバンクユーザーのための格安おうちインターネット(SoftBank光)

ドコモユーザー

GMOとくとくBBのドコモ光
ドコモ光でお薦めのGMOとくとくBBのドコモ光です。月額4,000円、5,700円キャッシュバック、高性能Wi-Fiルーターレンタル料金無料です。

ドコモのセット割は複雑になりますので、リンク先でご確認下さい。リンク先に、料金割り引きシミュレーターがあります。

auユーザー

So-net 光 コラボレーション
大手プロバイダ、ソニー系のソネットです。高額キャッシュバック33,000円が付きます。

ソネット光コラボレーションの特徴として、auスマートバリュー割り引きが利用できます。auスマホ料金が最大月額2,000円割り引き、最大10回線まで適用されます。

その他プロバイダ

【excite光】
月額料金業界最安級の3,360円です。特にキャッシュバックなどのキャンペーンはありませんが、最低利用期間なし、解約事務手数料がありません。

【OCN光】
業界最大手NTTコミュニケーションズ運営のOCN光です。月額料金3,600円です。10,000円キャッシュバック、または5,000円キャッシュバック+無線LANルータープレゼントが付きます。

申し込みの際の注意

新規申込みの際に注意すべきことは、有料オプションサービスへの加入です。必要に応じて有料オプションサービス(ひかり電話、フレッツTVなど)に加入するのは問題ありませんが、光回線の高額キャッシュバックの中には、有料オプションサービスへの加入が必須になっている場合があります。

高額キャッシュバックに目が眩んで、必要のない有料オプションに加入すると、毎月の利用料金が跳ね上がりますのでご注意ください。インターネット接続に必要なのは、プロバイダと光回線の契約のみです。

※文中の表示価格は、特に記載がある場合を除き税抜です。